公式サイトに会員登録している方には4月29日にメールでお知らせが
来ていたようですが、迷惑メールフォルダに入っていて、今日まで気が
付きませんでした。。

ファームウェア7.0のリリースによって、Devialetシリーズの名称が以下
の通り変更になるとのことなので、出力ワット数も上がるようです。

Devialet 110 ⇒ Devialet 120
Devialet 170 ⇒ Devialet 200
Devialet 240 ⇒ Devialet 250
Devialet 500 ⇒ Devialet 800

ちなみに、正式版のリリースは5月15日とのこと。

半分人柱のつもりで、早速今日β版を入れてみましたが、音に相当な
変化がありました!

・従来よりハイスピードであったが、さらにもう一段ギアを入れたような
 イメージに。

・上記と相まって、少し緩めであった低域がしっかり制動が効くように。
 それに伴って、アタック感も向上。

・S/Nも向上、ヴォーカルの実在感がより際立つように。
 また、元々は決して細かい音をめざとく拾うタイプでなかったものの、
 高域の微弱音をしっかり拾うようになった。

・元々良好であったチャンネルセパレーションではあるが、少し音場が
 広がり、楽器やヴォーカルの被りが一段解消される傾向。

6.0になった時も同じような印象を持ちましたが、今回はとりわけ低域と
スピード感の変化が著しいかなと思います。
万人が良くなったと思うわけではない気がしますが、思い切り私の好み
に向かってくれたので、個人的には嬉しい限りです。