以前からアナウンスはされていましたが、5月25日から正式に取扱いが開始されましたね。

個人的にHaydn Grand Symphony Editionは好きなモデルなので、日本で再び販売してくれるの
は嬉しいです。

Haydnはオールジャンルいけるとは思いますが、ロック・ポップス・女性ヴォーカルが特に得意な
分野で、メタル・ハードロックも十分いけます。
ツイーターとバスレフポートが同居している少し珍しいタイプですが、フロントバスレフになるため、
リアバスレフよりセッティングも楽なのではないでしょうか。デザインもかなり良い方だと思います。

但し、メタルに特化するならばスピード感と分解能に優れるPMC、ハードロックに特化するならば
アタック感に優れるATC、女性ヴォーカルに特化するならば中高域に艶があるELACと同価格帯
のブックシェルフに同系統のライバルが多いのも事実です。

円安の影響もあって実売は以前より高くなりそうですが、ロック・ポップス・女性ヴォーカルを中心
に聴かれる方は、一度試聴してみて頂ければと思います。


Haydn Grand Symphony Editionはこちらから
Vienna Acoustics Haydn Grand Symphony Edition ペア 並行輸入品