インドからのオーディオレビュー

インド在住の高級オーディオファイルがオーディオコンポ、イヤホン、ヘッドホン、音源(CDなど)のレビューやニュースをお伝えしていきます。
現在使用しているオーディオ機器の紹介はこちらから

fhana

【ハイレゾ音質レビュー】ワンダーステラ、アネモネ、Velvet Rays、One Light

hires-logo


ワンダーステラ - fhana

・基本的な傾向はOutside of Melancholyと似ています。(音が少し薄いですね)

・抜けは普通~やや良いレベル、ベースとドラムの量感が結構あって低域が緩いので、
そのせいで全体的に見通しが悪くなっている印象です。(主にサビ部分)

・ヴォーカルは強調されていて埋もれることはありませんが、システムによっては口が
大きくなるかもしれません。

採点:5.5点


アネモネ - ClariS

・ベストアルバムのハイレゾよりも抜けが悪いため音質が少し落ちていて、borderの
シングル盤と同じくらいです。

・抜けの悪さを除けば、音場もそこそこ広くてヴォーカルが窮屈な感じがせず、低域が
膨らむわけでもないので、鳴らしやすい音源だと思います。
(ドラムの定位は今ひとつですが)

採点:5点


Velvet Rays - 雨宮天

・前作「月灯り」と比べると曲調と楽器の問題もあって、非常に聴きづらくなった印象です。

・抜けは悪くないですが、ベースの主張が激しく低域が緩いので、そこをコントロールできるかが
鍵でしょうか。

・音場は狭くないですが、ベースとドラムのせいでヴォーカルがかなり窮屈です。

採点:4.5点


One Light - Kalafina

・相変わらずKalafinaの録音という感じで、抜けが悪くヴォーカルと楽器が中央に密集していて、
モコモコして見通しが悪いです。

・とは言え、heavenly blueと比べると少しだけ抜けがよくなって、ヴォーカルも若干分離されて、
ドラムも悪くないので、少し聴きやすくなったように感じました。

採点:3.5点


スポンサードリンク


【ハイレゾ音質レビュー】Outside of Melancholy - fhana

 
Outside of Melancholy
fhana
ランティス 2015-02-04

発売されたばかりのOutside of Melancholy - fhanaをレビューしますが、、、

シングル版のハイレゾは96kHz/24bitで、アルバム版は一曲あたりの単価は
同じなのに44.1kHz/24bit、しかもアルバム一枚で6,048円と高すぎはしませ
んかね。。
(⇒翌日には修正されて、96kHz/24bitになりました)
Pure -AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS-はDSDでもアルバム一枚
2,500円なので、比べるとより酷さが際立ちます。。

さて音質レビューですが、まず抜けは良い部類に入ります。
微弱音を良く拾っていて、ハイレゾの利点が感じられる部分と思います。

音場は横に広めで、定位感もまずまずですが、音像はぼやけがちです。
個人的にはもう少し一音一音にくっきりとしたパンチ力が欲しいですね。

後、曲によってはヴォーカルが少し埋もれがちな印象を受けますが、
(特に三曲目のdivine intervention)、基本的にはどんなシステムでも
鳴らし易い曲が揃っていると思います。

採点:7点(曲によって少しばらつきあるので、平均値)

スポンサードリンク


スポンサードリンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
↓宜しければクリックお願いします↓
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
記事検索
  • ライブドアブログ